風俗嬢の笑顔が見たくて

どういったものかという単純な疑問

好きだからと言うよりも、どういったものなんだろうっていう単純な疑問があったのでこの前風俗で遊んでみたんですよ。だって気になるじゃないですか(笑)気になるなら遊ぶ。それだけですが、風俗で遊んでみて自分の気持ちに気付きました。これ、好きです(笑)抜いてもらう場所というイメージはありましたけど、どう行った形で抜いてもらうのか、その部分が全然分からなかったんですよね。でも実際に味わってみて、今回がそうなのか、あるいはいつもこうなのかまではわかりませんけど、とっても楽しかったです。抜くだけじゃないんだなって。その点では勘違いというか、全然イメージ出来ていませんでした。女の子とあれだけ密着して、さらにはその時間だけは本当の恋人…は大袈裟かもしれないんですけど、そこにある時間がとっても濃密なものになったんじゃないかなって思っているので、自分自身、これ以上の満足感はないだろうって。これが風俗の魅力なのかと改めて思いました。

リピートはどうしようか悩みます

リピートするかしないかは、結構悩むんですよ。前回良かったなって思った風俗嬢であればリピートしても全然ありだと思うんです。別に「風俗では絶対にリピートしない」なんて意固地になっている訳じゃないですしね。でも、現実的に考えるとリピートするよりも、まだまだ他にもたくさんいる風俗嬢と遊んでみたいなって気持ちの方が強いんですよ。そもそも風俗で遊ぶ機会は自分は一か月に一回か二回。その時間を同じ女の子に使うのは、刺激を求めるという点では勿体ないんじゃないかなって思うんですよね。それよりは、自分でも常にドキドキするような気持ちを味わっていたいので、毎回違う女の子にした方がそれはそれで楽しいものなんじゃないかなって思うんですよ。むしろそれが何より大きなメリットというか、毎回違う女の子と楽しむなんてプライベートではまず出来ないことなので、そっちの方が男としての本能を満たしているんじゃないかなって思うんですよね。