風俗嬢の笑顔が見たくて

特別だというのも分かる

いろいろな人が声を揃えていますけど、やっぱりソープは風俗の中でも特別だなって思いますね。この前久しぶりにソープのお世話になってきたんですよ。他の風俗も楽しんでいますけど、たまにはってことでソープに行ってきました。そして、汗まみれになりました(笑)これだけ汗をかくのは他の風俗ではありえないですよね(笑)でも、その汗がまた爽快感を生み出すことにもなるので、とっても良かったかなと(笑)むしろこれだけ楽しめたので、自分なりにいろいろなことを楽しめるというか、他の風俗とはやっぱり一味違いますよね。フィニッシュ直前までのムーブメントは、他の風俗とさほど変わらない部分もあると思うんですけど、やっぱりフィニッシュ直前。ここはもう自分でもかなり燃えますし、ここでも得ないでいつ燃えるんだってくらいに無我夢中になりますね。自分でも何をして良いのか分からないくらい、頭が真っ白になることもありますけど、それはソープだからこそですね。

真摯に遊ぶことを心掛けている

真摯に。これが自分の風俗のテーマでもあるんですよ(笑)奢り高ぶりのないよう、相手の風俗嬢に対しては常に感謝の気持ちを持つよう心掛けているんです。時にはどうしても「してくれて当然」みたいな気持ちになってしまうこともありますし、「こっとがお客なんだぞ」と心の中でくすぶることもありますけど、お客だからって言っても偉い訳じゃないんですしね。立場がお客と言うだけであって、別に風俗嬢だってお客に絶対服従しなければならないってことではないんです。そう思いながら、風俗での時間を楽しむようにしています。そのくらいのスタンスでいた方が、結局は楽しいし満足出来る時間を過ごせるってことに気付かされたんですよ。結局は風俗って体と快感を求めているものであっても、女の子とのハートウォーミングなコミュニケーションをこなすことによって、満足度が高まるんです。それなら真摯な姿勢を忘れずに楽しんだ方が良いんじゃないのかなって。